ぐうたら母さん 2018中学受験伴走します

普通の子が、難関校目指します

ケツを決める

過去問をいつやるか。

土曜か日曜の朝に、本番の時間通りにできたら理想的ですね。

ルーティンにしてしまうと、のんびりしがちな休日が、引き締まりますよね。

で、午後は直しをして、苦手分野を補強して、翌週に先生に添削してもらう。

そんなのが理想的です。

しかーし。

現在、Tomaは、

月・水・金→通常授業
土・日→NN(志望校別授業)

というスケジュール。

過去問は平日にやらなければなりません。

そこで、過去問は木曜にやると決め、

タイムスケジュールは、

5:00から国語
6:00から算数
7:00からお風呂・夕食
8:00から理科
8:50から社会

と決めました。

初回はのんびりしてしまい、算数が夕食後に後回しになりました。

夕食後に3教科解くって大変でした。

教科間に休みが取れません。 取ると、寝る時間がどんどん遅くなってしまうので。

そこで、きちんと時間を守ってもらうため、2回目からは、机に向かってから「はい開始!」で時間を計るのではなく、終了時刻にあらかじめアラームをセットすることにしました。

上の国語の例で言うと、試験時間が50分なら、5:50にもうアラームをセットしておきます。

自分で時計を見て、5:00に始めなさいよ、と。

のんびりしていると、試験時間が短くなって自分が困るよ、と。

トイレは済ませときなさいよ、と。

こんなスケジュールが年内いっぱい続きます。
予備日は一切ありません。

眠い日でも、決められた日に解いてもらうしかありません。

眠くてもその状態で解いてもらって、点数だして先生に提出するよと伝えています。

本番に眠くなってしまうこともありますもんね。

本当に大変〜。

直しをする時間も十分じゃないです。

本音は、土特をやめてほしい…。

お金も余分にかかるし…。←こっちが本音の本音w




ここからランキングに戻れます☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村