ぐうたら母さん 2018中学受験伴走します

普通の子が、難関校目指します

鬼になりきれなかった母…

母さん、甘いです。

Toma、結局、新幹線で弾丸・単独で一泊帰省しました。


ぐだぐだと話し合いを重ねました。

合宿後のひどい勉強態度についても、母さんの思いを話しました。

その話し合いの中で、

「僕は僕なりに頑張ってる」

「僕の頑張りを、母さんはいつまで経っても認めてくれない」

と泣きながら言われました。



確かに母さんは、高校受験と大学受験しか経験していないので、小学生のTomaに、中学生や高校生の理想の受験生像を望んでいるのかもしれません。



「母さんの理想は『神』だよ」

とも言われました。


だけど、Tomaの第1志望校の難易度を考えた時、「やり過ぎくらいで丁度いい」とも思うのです。

あとたった半年。
できれば、お楽しみは封印してほしかったです。

でも、あのぐずぐずが数日続くのが良いこととも思えませんでした。



当初は、泊まらずに帰って来てもらうプランで考えていましたが、父さんの一声で、1泊してくることに。

と言っても、2日間まるまる向こうで過ごすのではないので、遊べる時間は泊まらないプランとたいして変わりませんが、

「朝ごはんも昼ごはんも夜ごはんもみんなと一緒にたべれるんだね!」

と心底嬉しそうでした。


もちろん、新幹線に乗るまでに数時間、帰って来た日の夜も数時間勉強することを約束させました。



そして、ずっと言ってきてることですが、



・受験まで朝6時に起きて、必ず勉強すること。

・夏期講習中は6時から7時まで勉強すること。

を改めて約束してもらいました。

父さんからは、 鼻歌を歌いながら勉強しないこと が条件として言い渡されました。




…レベルが低い約束ごとですが。



さぁ、吉と出るか、凶と出るか。


ここからランキングに戻れます☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村