読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら母さん 2018中学受験伴走します

普通の子が、難関校目指します

友情…その後

木曜のことです。(※1つ前の記事「塾のせいで友情ヒビ?」からお読みください。)

Tomaは、「一緒に遊んでもらえるよう〇〇君を説得してみる!」と前向きに登校しました。

そして夕方、「〇〇君と遊べるようになった!」と嬉しそうに報告の電話。子供同士で解決できてよかった。

…そして、門限過ぎても帰って来ませんでした。

なんだか、2月に入ってから、平日に遊びに行く機会が増えている気がします。宿題が回せている証拠なのでしょうか…。

金曜日。 帰宅後に焦ってその日の塾の宿題やっています。直しまで手が回りません。

いくらなんでも、やっぱり遊びすぎだと思うのです。

「偏差値のより高い学校に第1志望校を変えると自分で言ったくせに、目の色が変わってないのはどういうことなの?」と聞いてみました。

「Bコース落ちしたら、家族会議だからね」とも言い放ちました。

Tomaは「母さん、プレッシャーのかけ方うまいねぇ〜」と、なんとも他人事のようなセリフ。

でも、組分けテストまで残り16日となり、

・遊ぶのは日曜まで

・組み分け8日前の子供会のイベントはキャンセルする

と自分で言いました。

ちょっと、目が覚めてきたかな。


面白いブログたくさんあります↓

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2018年度(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ
にほんブログ村